DIFFICILIS FACILIS, IUCUNDUS ACERBUS ES IDEM: NEC TECUM POSSUM VIVERE NEC SINE TE.

 

※現在制作に向けて企画中※

各話あらすじ

 

主な登場人物
image(未定)なまえどのようで?(未定)
ジエス・ファランガ ピアノ弾き。
かつては王都中を熱狂させた期待のピアニストだったが
今ではすっかり落ちぶれて場末の酒場でボロボロのピアノを弾いている。
見たものを写真のように記憶することができる。
シフィリス・ハンドラー 探偵。
漁色にふけり、手当たり次第に女を食っている。
自らの淫行を「女たちのための慈善事業」と称している。
“最善”のためなら“真実”を潰すこともいとわない探偵である。
リラ・カメルトン 調律師。
ピアノ技師として並外れた経験と腕前を持つが
若さと性別のせいで不当に低く評価されていることに憤りを覚えている。
偏見なしに能力を認めてくれたジエスに、技師としても女としても惚れている。
ベモリ・アルシス 若手ピアニスト。
稀代のヴィルトゥオーソと称讃され、数多の演奏会を開く楽壇の花形。
ジエスを過剰にライバル視している。