タイトル未定

探偵とピアノ弾きの謎解き人情物語

 

各話あらすじ

参考文献

 

主な登場人物
イメージ(未定)なまえどのようで?
ジエス ピアノ弾き。
かつてはピアニストとして活躍していた演奏家。
ある事件をきっかけに楽壇を離れ、現在は物乞いのような生活をしている。
一度読んだ楽譜を完全に覚えられるほど記憶力が良い。
楽器を大切にしない者や、音楽をパフォーマンスの道具として扱う演奏家を嫌っている。
シフィリス 放蕩探偵。
漁色にふけり、手当たり次第に女を食っている。
自らの淫行を「女たちのための慈善事業」と称している。
“最善”のためなら“真実”を潰すこともいとわない探偵である。
人脈が広く、裏社会や国家権力にも顔がきくようである。
リラ 天才調律師。
ピアノ技師として並外れた腕前を持つが
若さと性別のせいで不当に低く評価されていることに憤りを覚えている。
偏見なしに能力を認めてくれたジエスに、技師としても女としても惚れている。
アラック(アラキ) 浮浪児。
ジエスを兄と慕っている。
自らを“根無し草”などと呼び、いつも寂しげである。
どこか大人びた雰囲気がある。
ベモリ(未定) 若手ピアニスト。
稀代のヴィルトゥオーソと称讃され、数多の演奏会を開く楽壇の花形。
プロ・アマ問わず生徒をたくさん抱えている。
病弱な妹と妻子を養うために多忙な日々を過ごす。
ジエスとは音楽に対する姿勢の違いからしばしば対立するが
何かと世話を焼いてくれる面倒見のいい人物。
リーガ ベモリの妹。
体が弱いため、兄に迷惑をかけているのではといつも気に病んでいる。
挿絵画家として生計を立てようと努力している。
“あの子” 王都の音楽家たちの間でよく話題に上る存在。
数年前に不慮の事故で亡くなったらしい。
ピアノ弾きと深い関係にあったようだ。

 

DIFFICILIS FACILIS, IUCUNDUS ACERBUS ES IDEM: NEC TECUM POSSUM VIVERE NEC SINE TE.